So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

貴乃花親方を「公益通報者」として保護すべき?親方には裁量逸脱がなく処分すべきでない [犯罪・事件]


明日の臨時理事会で貴乃花親方の処分が決まる見通しだ。


貴乃花を「公益通報者」として保護すべきではないだろうか?


確かに公益通報者保護法により警察に告発した貴乃花は保護される。

警察に通報したことを理由に相撲協会が降格や減給などの処分を行えば、そのような処分は無効となる(公益通報者保護法5条参照)。


しかし、相撲協会が問題視しているのは、警察への告発ではない。

警察に被害を届け出ることは当然許されるのであり、相撲協会もそのことを問題視していない。


問題なのは、貴乃花が相撲協会に報告しなかったことや、調査に協力しなかったことだ。

これを理由に処分するのであれば、公益通報者保護法に違反することにならない




では、相撲協会は報告義務違反や協力義務違反を理由に貴乃花を処分すべきであろうか?


結論を言えば、義務違反を理由に処分するのは無理であろう


確かに貴乃花は相撲協会の一員として報告義務や協力義務を負う。

しかも、理事であり巡業部長でもある。

義務違反は重大であるようにみえるだろう。



しかし、貴乃花が巡業部長であるならば、巡業中の様々な事柄について決定できる権限が与えられている。

例えば、報告するにしても、いつまでにどのような手段で協会に報告するか、貴乃花に一定の裁量が認められる


今回のように協会に報告する前に警察に被害届を出すこと、警察から協会に連絡してもらうよう依頼することは、巡業部長である貴乃花の決定事項(裁量)の範囲内といえる。


ましてや、貴乃花は被害者である貴ノ岩の親方でもある。

被害者を守ることを最優先して、いつ、どのように協会に報告するかを決めたとしても直ちに批判することはできまい。


協会の調査に非協力的だった点も同様である。「捜査が終われば協力する」という貴乃花の態度は被害者側としては常識的な対応である。事実、捜査が一段落した後、貴乃花は協会の調査に協力した。



巡業部長であり被害者の親方である貴乃花には、いつ、どのように報告し協力するかを決める一定の裁量がある。


その裁量を著しく逸脱すれば報告義務や協力義務に違反したと評価できる

しかし、裁量の逸脱はないし、仮にあっても軽微というべきだ。


相撲協会は貴乃花親方を処分すべきではない


IMG_1920.JPG

**********************************************
むさし国際法律事務所のカンボジア・オフィスは、プノンペンにあるカンボジア人弁護士事務所“Vinick & Associates”と連携して法律業務を行っています。

IMG_20150211_155056318.jpg

これまで多数のカンボジア進出の案件を扱い、成功を収めてきました。会社設立、QIP申請、NGO登録、土地賃貸借、不動産登記、担保権設定、労務管理、契約書作成、企業買収(M&A)、知的財産保護、マイクロファイナンス、債権回収、紛争処理など様々です。カンボジア政府の法律顧問として政府の内情にも詳しいので、お困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。

むさし国際法律事務所
代表弁護士 清原 博

カンボジア国内の連絡先(日本語でどうぞ):
電話[電話]077-359-634
メール[mail to]musashikokusai@outlook.jpまたはkiyohara@bd6.so-net.ne.jpまで。

お楽しみに、「国際弁護士ヒロ カンボジアに遊びにおいでよ[るんるん][るんるん]」もご覧ください。
http://uslaw.blog.so-net.ne.jp/

また、ヒロは気象予報士!お天気ブログ[晴れ]「気象予報士&防災士ヒロ “美しい国”日本のお天気」では、思わず空を見上げたくなります[ひらめき]
http://us-weather.blog.so-net.ne.jp/

国際弁護士ヒロの公式ツイッター(@HiroshiKiyohara)では、ヒロが吠えています(笑)
https://twitter.com/HiroshiKiyohara


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。