So-net無料ブログ作成
外交・国際関係 ブログトップ
前の1件 | -

文在寅大統領は五輪後の戦略を描けているか?日米韓の足並みが乱れる [外交・国際関係]


分断地域の朝鮮半島で平昌五輪が開幕した。


開会式では「融和の力で平和を築こう」というメッセージが色濃く出ていた。

五輪後には南北統一の機運が高まるかのような印象を世界に広めたであろう。



北朝鮮は、韓国の人々の心をつかもうと躍起になっている。

北朝鮮の応援団は開会式の会場で竹島(韓国名は独島)が入った「統一旗」を振った。また、北朝鮮の三池淵管弦楽団も公演で「独島もわが祖国」との歌を披露した。

日韓間の領土問題を取り上げ、韓国の人々に南北の団結心を鼓舞する意図があるのだろう。



北朝鮮がやりたい放題の平昌五輪となっている。


こんな状況を許しているのが、融和に前のめりになっている文在寅大統領だ。

五輪開会式前の夕食会では、文在寅大統領は北朝鮮の金永南氏と同じテーブルに座り、真っ先に乾杯した。


アメリカのペンス副大統領も夕食会に5分ほど立ち寄ったが、すぐに退席した。もちろん、北朝鮮の金永南氏と会話することは一切なかった。

安倍首相は夕食会で金永南氏と同じテーブルになり、握手し数分間、立ち話を行った。拉致問題で全ての被害者の帰国を求め、核・ミサイル問題について日本の立場を伝えたという。北朝鮮側からの発言は、明らかになっていない。



五輪外交は今日も行われている。

文在寅大統領は、金正恩委員長の妹である金与正氏らを青瓦台(大統領官邸)に招き、昼食会を開く。金与正氏は金正恩委員長のメッセージを携えているだろう。青瓦台で民族統一の話をし、南北で盛り上がるのであろうか



韓国と日米の温度差が鮮明であり、日米韓の足並みが乱れている。


それでも、もし文在寅大統領に五輪後の戦略を描けているのであれば、まだ救われる。

しかし、そんな戦略は文在寅大統領の頭の中にはなさそうだ。


IMG_1920.JPG

**********************************************
むさし国際法律事務所のカンボジア・オフィスは、プノンペンにあるカンボジア人弁護士事務所“Vinick & Associates”と連携して法律業務を行っています。

IMG_20150211_155056318.jpg

これまで多数のカンボジア進出の案件を扱い、成功を収めてきました。会社設立、QIP申請、NGO登録、土地賃貸借、不動産登記、担保権設定、労務管理、契約書作成、企業買収(M&A)、知的財産保護、マイクロファイナンス、債権回収、紛争処理など様々です。カンボジア政府の法律顧問として政府の内情にも詳しいので、お困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。

むさし国際法律事務所
代表弁護士 清原 博

カンボジア国内の連絡先(日本語でどうぞ):
電話[電話]077-359-634
メール[mail to]musashikokusai@outlook.jpまたはkiyohara@bd6.so-net.ne.jpまで。

お楽しみに、「国際弁護士ヒロ カンボジアに遊びにおいでよ[るんるん][るんるん]」もご覧ください。
http://uslaw.blog.so-net.ne.jp/

また、ヒロは気象予報士!お天気ブログ[晴れ]「気象予報士&防災士ヒロ “美しい国”日本のお天気」では、思わず空を見上げたくなります[ひらめき]
http://us-weather.blog.so-net.ne.jp/

国際弁護士ヒロの公式ツイッター(@HiroshiKiyohara)では、ヒロが吠えています(笑)
https://twitter.com/HiroshiKiyohara


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事
前の1件 | - 外交・国際関係 ブログトップ