So-net無料ブログ作成
被災地の復旧・復興 ブログトップ
前の1件 | -

緊急「爆撃」速報には驚いた!この1週間でテロも相次いでいる [被災地の復旧・復興]


去年4月の熊本地震から1年


今も4万人以上の人が仮設住宅などでの生活を余儀なくされている。

被災地の要望を踏まえ、引き続き支援が必要だ。



地震の波は、固い岩盤を伝わり表層のやわらかい地盤に入ったときに増幅される。

そのため、震源から遠くても、軟弱な地盤のところでは震度が大きくなり、建物の倒壊などの被害が多くなる


表層地盤のゆれやすさ 全国マップ」がある↓
http://www.jjjnet.com/jishin_yure_map.html

image202.gif


このマップによると、関東平野など平野部、特に川沿いや低地が地盤の「ゆれやすい」場所となっている。

ゆれやすい」場所にお住まいの方は、気象庁の「緊急地震速報」の利用が強く薦められている。



緊急地震速報ではないが、先週の緊急「爆撃」速報には驚いた。


アメリカがシリアに武力攻撃

北朝鮮への威嚇の効果も狙っていたという。


その北朝鮮は核実験を急ぐであろう。

アメリカ軍も原子力空母を朝鮮半島近くの海域に配備した。



テロも相次いでいる

この1週間でロシア、スウェーデン、エジプトでテロが起きている。



戦争・テロのハザードマップ」でも赤い危険地域が増えている。



**********************************************
むさし国際法律事務所のカンボジア・オフィスは、プノンペンにあるカンボジア人弁護士事務所“Vinick & Associates”と連携して法律業務を行っています。

IMG_20150211_155056318.jpg

これまで多数のカンボジア進出の案件を扱い、成功を収めてきました。会社設立、QIP申請、NGO登録、土地賃貸借、不動産登記、担保権設定、労務管理、契約書作成、企業買収(M&A)、知的財産保護、マイクロファイナンス、債権回収、紛争処理など様々です。カンボジア政府の法律顧問として政府の内情にも詳しいので、お困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。

むさし国際法律事務所
代表弁護士 清原 博

カンボジア国内の連絡先(日本語でどうぞ):
電話[電話]077-359-634
メール[mail to]musashikokusai@outlook.jpまたはkiyohara@bd6.so-net.ne.jpまで。

お楽しみに、「国際弁護士ヒロ カンボジアに遊びにおいでよ[るんるん][るんるん]」もご覧ください。
http://uslaw.blog.so-net.ne.jp/

また、ヒロは気象予報士!お天気ブログ[晴れ]「気象予報士&国際弁護士ヒロ “美しい国”日本のお天気」では、思わず空を見上げたくなります[ひらめき]
http://us-weather.blog.so-net.ne.jp/

国際弁護士ヒロの公式ツイッター(@HiroshiKiyohara)では、ヒロが吠えています(笑)
https://twitter.com/HiroshiKiyohara


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事
前の1件 | - 被災地の復旧・復興 ブログトップ