So-net無料ブログ作成

国際社会の嘆きの声にトランプ大統領は全く耳を傾けない [外交・国際関係]


嘆かわしいなぁ~


トランプ大統領は、パレスチナ自治政府のアッバス議長に対し、イスラエルの米国大使館を現在のテルアビブからエルサレムに移転する意向を示したという。

エルサレムをイスラエルの首都と認定する動きだ



国際社会はエルサレムをイスラエルの首都とは認めていない。

パレスチナ自治政府はエルサレムが将来のパレスチナ国家の首都になると考えている。国際社会もパレスチナに配慮し、自国の大使館をエルサレムではなくテルアビブにおいている。


米国大使館をエルサレムに移転すれば、米国は世界で唯一、エルサレムに大使館を置くことになる。



パレスチナだけでなく周辺のアラブ諸国が一斉に反発することは必至だ。

これに乗じてISの動きも活発になるであろう。


アラブ地域の平和と安全がますます危険にさらされてしまう



今年5月、トランプ氏は米国の現職大統領として初めて、エルサレムにあるユダヤ教の聖地「嘆きの壁」を訪問した。


しかし、国際社会の嘆きの声にはトランプ氏は全く耳を傾けない。


IMG_7231.jpg

**********************************************
むさし国際法律事務所のカンボジア・オフィスは、プノンペンにあるカンボジア人弁護士事務所“Vinick & Associates”と連携して法律業務を行っています。

IMG_20150211_155056318.jpg

これまで多数のカンボジア進出の案件を扱い、成功を収めてきました。会社設立、QIP申請、NGO登録、土地賃貸借、不動産登記、担保権設定、労務管理、契約書作成、企業買収(M&A)、知的財産保護、マイクロファイナンス、債権回収、紛争処理など様々です。カンボジア政府の法律顧問として政府の内情にも詳しいので、お困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。

むさし国際法律事務所
代表弁護士 清原 博

カンボジア国内の連絡先(日本語でどうぞ):
電話[電話]077-359-634
メール[mail to]musashikokusai@outlook.jpまたはkiyohara@bd6.so-net.ne.jpまで。

お楽しみに、「国際弁護士ヒロ カンボジアに遊びにおいでよ[るんるん][るんるん]」もご覧ください。
http://uslaw.blog.so-net.ne.jp/

また、ヒロは気象予報士!お天気ブログ[晴れ]「気象予報士&防災士ヒロ “美しい国”日本のお天気」では、思わず空を見上げたくなります[ひらめき]
http://us-weather.blog.so-net.ne.jp/

国際弁護士ヒロの公式ツイッター(@HiroshiKiyohara)では、ヒロが吠えています(笑)
https://twitter.com/HiroshiKiyohara


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。